麻生太郎副総理は4日、ヤンゴン近郊にあるティラワ経済特区を訪れ、同国に対する新たな支援の実施を確認したそうです。
両国の友好が深くなるためミャンマーへ出張された麻生太郎副総理はミャンマー企業に援助について打ち合わせしたそうだ。ティラワー経済ゾーンの基本的な建物建設するため
126億ドール援助するそうだ。ティラワー経済ゾーンで実地されるため韓国、タイそれぞれ海外投資の
開発者たちが打ち合わせに来られていますが、最初の段階になる450ヘクタールは日本とミャンマー会社が共同で行っていくそうだ。