ミャンマーの政治、経済ルールの変化に伴い海外の企業がミャンマーで投資するため関心を強めている。どの企業も早い者勝ちの経済チャンスを逃さないように努力を重ねている。

日本の車生産会社日産はミャンマーで車を生産のする為 100エーカーの土地が取得できるよう提案書を政府に提出している。場所はパゴー管区。ミャンマーの投資法が整い次代海外の投資資金の流入は必至。

また、マレーの車生産会社もミャンマーに入ってくるため調査中。